主な仕様

形名

460A-□-□-□-□
①入力信号
記号入力
1ON-OFFパルス
2電圧パルス
②供給電源
記号電源電圧
AAC100~240V
9DC24V
③データ出力
記号入力
ブランク出力なし
BPBCD出力(TTLレベル正論理出力)
BNBCD出力(TTLレベル負論理出力)
DPBCD出力(トランジスタ出力ソースタイプ)
DNBCD出力(トランジスタ出力シンクタイプ)
④表示色
記号内容
ブランク赤色LED
G緑色LED

一般仕様

表示0~999999赤色または緑色LED (文字高さ15mm)
ゼロサプレス機能付
小数点表示は任意設定(前面設定または外部制御)
オーバー表示 表示部左下LED点灯
計数入力
ON-OFFパルスの場合
無電圧接点、又はオープンコレクタ(NPN)
接点ONでカウント 接点容量DC12V 10mA
電圧パルスの場合
“L”→“H”の立ち上がりでカウント
“L”=0~2V、“H”=4.5~30V
入力抵抗約5KΩ
※リレー接点使用の場合はチャタリングによる誤カウントに注意
最高計数速度10cps/5kcps (入力端子選択による)
最小パルス幅10cpsのとき 50ms
5kcpsのとき 0.1ms
記憶保持不揮発性メモリー保持期間約10年
センサ電源DC12V ±5% 100mA
BCDデータ出力
TTLレベル、アイソレーション出力
(BP:正論理  BN:負論理)
  データ出力並列BCDコード、ラッチ出力
TTLレベル(CMOSコンパチブル)、Fo=2
   制御出力オーバー(オーバー時:論理1)
   制御入力ラッチ、リセット、小数点 (Active“L”)
データイネーブル(Active“H”)
トランジスタ、アイソレーション出力
(DP:ソースタイプ DN:シンクタイプ)
  出力容量DC30V  30mA  MAX
 データ出力並列BCDコード、ラッチ出力
“1”でトランジスタ“ON”
“0”でトランジスタ“OFF”
  制御出力オーバー(オーバー時:“ON”)
  制御入力ラッチ、リセット、小数点(Active“ON”)
データイネーブル(Active“OFF”)
耐電圧
入力端子/外箱間AC1500V1分間
電源端子/外箱間AC1500V1分間
電源端子/入力端子間AC1500V1分間
入力端子/データ出力間AC 500V1分間
絶縁抵抗DC500V  100MΩ以上
供給電源
AC100~240V 50/60Hz 約9VA
DC24V 約200mA
電源電圧許容範囲AC90~250V、DC24V±10%
動作周囲温度0~50℃
保存温度-20~70℃
質量約500g